レンジアレン、ダメか……。

JUGEMテーマ:ねこのきもち

食べむらなのか我儘なのか、腎臓の悪化(は、血液検査の結果をみるとそうでもない)とりあえずご飯を残すようになったれん。
療養食がダメなのかと、普通食のレンジアレンかけにしてみたら……。

余計に食べないでやんの orz

【新商品】犬猫用 レンジアレンTM 30包入り

【新商品】犬猫用 レンジアレンTM 30包入り
価格:3,150円(税込、送料別)


口内炎も疑いましたが、ご飯の後のグリニーズはバリボリ食べておりますから、歯と口は無事!!
かつ、元気にみよやなぎと走り回っております。

こうなると、久々に爆発したか、れん姉ちゃんの我儘。

元々、我儘気質の子です。
おっとりはしているし、外面は良いものの、基本、手のかかる子です。

お姉ちゃんだからという意識か何かわからないけど(猫にその意識はなかろう)、それでもなぎやみよが出てくるとおもちゃでもなんでも譲る子です。

しかし、基本我儘です。

今日の写真はお蔵だしれん姉ちゃん。
やっぱり小さいなー(笑)

前足も短いなー(笑)

昨年、06/16日撮影なので、れんが来て一週間足らずの頃です。

来た当日に私に上り、48時間後にはべったりの子でした。
今は私の足にしかべったりじゃないけど。

さて、何を食べてくれるかな。
色々とサンプルはあるので順々に試しつつ、レンジアレンはカプセルに入れて直接投与といたします。

今月、れんは誕生月なんで、好きなだけ我儘言ってくれ。
どれだけ手間かかろうが医療費かかろうがフード代かかろうが、そこは何とかするから、とりあえず10歳目標で頑張ろうね。
| れん | 17:52 | comments(0) | - | - |

風邪じゃなかったんです。

JUGEMテーマ:ねこのきもち

連休中の不調は風邪じゃなかったんです。
ご心配おかけいたしました。

この冬は風邪もインフルエンザもまだ来ておりませんよ。
年末にノロを近寄らせなかったし。参考記事

まあ、妙齢の女性にはよくある何とやら。必ずしも実家というものは味方ではない……(笑)。
あそこへ出向くと当日〜翌日には寝付く有様です。

嫌なことは水に流してしまいましょー!
はい、今日も安定の日課。トイレを眺めるれん姉ちゃんです。
彼女だけやったら、トイレに数分置いておいても良いんですが、みよが居たら慌ててふたを閉めます。
しかし、何を思ってこんなことをしているのか。ほんと飽きずにやっておりますよ。
もう笑えて仕方がない、この後姿……。

彼女がこんなことを日課にしてくれたから、私はトイレ掃除が日課になりましたよ。

ちなみに、流れている最中とかはもう興味がないようで、何もない状態がお好みのようです。
なんか、人間のトイレ掃除チェックみたいになってきているような気が……。

あと、ちょっとした日課が増えました。
れん、ここ数日のことですが、途中でご飯が嫌になってくるのか(療養食だもんで)、顔をあげて強請ってくるのが「食べさせて」。
手のひらにご飯を置いてやると最後まで食べきります。
一体なんの甘えたスイッチが入ったんや、お前。

そんな甘えたれん姉ちゃんですが、普段、まったく膝上に乗ってこなくなりました。
なぎやみよが居るからというのもあるんでしょうが、ちょっと一歩下がってみている。
しかし、こたつに入ってしまえば足をがっちりホールドしてくれます。
多分、私の脚ってわかっているとは思うんですけど、わかっていなかったら悲しいなあ(笑)。
| れん | 17:38 | comments(0) | - | - |

今年初の病院!(写真なし)

 JUGEMテーマ:ねこのきもち

本日は、今年初の病院でした。
れんは昨晩から絶食。ものすごいご機嫌斜めなところ、筒型の猫ベッドに入ったところを「猫袋、猫袋」と歌いながらキャリーに放り込み行ってまいりました。

そうして行ったお医者さんでは、血液検査の機械が不調で、値が出ませんでした(笑)
機械修理後、すっとんきょうな値だったら電話をくださいとお願いをして、腎臓の件は持ち越し。
絶食していったのにね(笑)。れん姉ちゃん、ご不満。

そして気になっている無気肺の件もあるのでレントゲンもお願いをしました。
そうしたら、どうも、肺胞の固まり(ブラ)が出来ているような……。
破れたら気胸ですよ、怖いわ。

そんなこんなで、今年も油断ならない、れんの体調です。
ま、これも個性、個性。

本日、たまねぎを食べて駆け込んでこられた小型犬の患者さんがいらっしゃいました。
おかーさん(飼い主さん)、嘆いておられた。ちょっと目を離した隙に……だ、そうです。
うん、犬猫ってそういうものですよね。
我が家も、なぎとれんは、ちょっと目を離した隙にやらかしてくれます。

そうそう、昨年に肺炎以降にれんにかかった治療費と返ってきた保険金の額が出ましたので発表。

360,739円が総額。
249,891円が返ってきた保険金。

110,848円が自己負担額です。

保険は「ねこの気持ち保険」です。アクサダイレクト。70%が返ってくるプラン。

ちなみに、これ以外に保険外になる、れんの避妊手術に検査やワクチン(2回目)、なぎの去勢手術に検査は含まれておりません。
あ、みよの検査やワクチンも、もちろん含まれず。

ということで、やはり動物を飼うということはそれなりに、それなりのお値段はかかってきます。

しかーし!
ここまでのことになるのってレアケースなのでそれもご留意ください。獣医さんに気の毒がられる私、相当のレア(笑)。
ただ、レアがあるかもしれんということで、これくらいの備えがあったらなあの参考までに。

あと、どれだけお金がかかろうと、この子ら可愛くって、そんなんどうでも良くなります。
まあ、当然ながらお金は稼がないとなりませんから、自分の体調はしっかり管理したいと思います。

さて、明日からお仕事だー!
年度末なので、毎日深夜帰りになります。ごめんよ、みんにゃ。
| れん | 14:49 | comments(4) | - | - |

無気肺。

れんの新しい病名です。
もう苦笑いするしかありませんが、これについては、肺炎当時に後遺症として可能性は聞いていたため、ショックはありません。

ことの始まりは全然違うんですけどね。
昨晩、ご飯の食べる速度が普段よりゆっくりで「?」ではありました。
いつもはなぎより早いのに。

そして今朝。
カリカリを噛み砕くも飲み込まない。
ゆっくり食べたら良いのかと思ってもだめ。
カリカリの種類を変えてもダメ(療養食は2種類を常に確保)。

こりゃ、定時帰宅の病院やなあってことで出勤し、友人を連れて帰宅。なぎにいつもの量のご飯、れんには10gだけカリカリを与え。
れんは朝からほとんど食べていないから何とか完食はしたものの友人にも食べ方がおかしいのを確認してもらい、そのまま即病院。
なぎはそのまま友人がシッターとして子守をしてくれていました。

さて、先生に診てもらうも、口内も喉も、喉の神経も大丈夫そう。
多分、原因はつかめないけど……で撮影したレントゲンで、心臓の位置がおかしいのと、所々に見られる白い部分で、無気肺の傾向と診断。

ちなみに病院から帰宅したらしっかりご飯食べるし!!(笑)

ということで、いったい何がなんだかでしたが、肺はほんまに気をつけなあかんなってことです。
まあ、いろいろと大変ですよ、れんちゃん。
一緒に暮らし始めて半年、医療費の総額は50万超えておりますからね(保険のきかない避妊手術などを含む。実額は保険の払い戻しがあるから、50万じゃないですよ)。
まだまだお金かかってよいよ(笑)。とりあえず、今は何とかなるから。

ちなみに三匹目計画についてお医者さんに確認をしたところ反対されず、むしろ納得された風でした。れんのためでもあり、なぎのためでもあるんです。もちろん三匹目も変わらず大事に大事にいたしますよ。

ちなみの病院へ行っていた2時間、なぎはたっぷり友人に遊んでもらい、帰宅したら興奮しすぎて私とれんに「シャー!!」ってした(笑)。
ただ、友人いわく、なぎはいつ私とれんが帰ってくるか、物音がするたびにそわそわしていたそうな。

ほんま、可愛いぜ、こやつら。

今はようやく落ちついて、れんは私の足をまくらに、なぎもさすがにへとへとでこたつの中で寝ております。

なおちゃん、今日もありがとうねー!

| れん | 22:27 | comments(4) | - | - |

れんの目は治りました!

日曜日、月曜日と、ちょっと頑張って点眼していたら、目は大丈夫そうです。
ただ、気は抜けないので、暫くは目薬は続けます。

写真なしですが、取り急ぎご報告まで。
| れん | 12:55 | comments(0) | - | - |

病気のデパート。

本猫が一番かわいそうなんだけど、またも、れん。
もともと猫風邪ウイルスは持っていましたが、それがまた目に出ました。
今日が病院の日でよかったわ。

目薬、2種類を日に4〜5回。
人間だって目薬を人に挿されるのは怖いわよ。

もう、大変(笑)
今まで、れんに名誉の負傷をくらったことはありませんが、今回はちょっと覚悟しています。
今は、まだ大丈夫なんですが。

ちょっと目がしょぼしょぼしていて可哀想なんで今日は写真はなしで。

なぎは元気ですよ。
今も、きらきらボールをれんと取り合ってシャー!!(なぎは、おもちゃだけは独占欲が非常に強い)言っています。
なぎ、ちょっとれんに譲ろう……。

追記。
なぎが一人遊びから戻ってきたら、なぜか顔にまっ黒い線が(笑)。
なぎちゃん、我が家でそんな器用なことができるのは冷蔵庫の裏でしょうか。そこはしょっちゅうあなたの逃げ場ですが、今までそんな顔に模様つけてこなかったじゃない。
あまりに呆れて爆笑しました。本猫が嫌がったので写真はなし。

ちなみに、現在は私の新しいVAIOをかじりそうです。やめて、Duo11かじるのはやめて。
Windows8が使いにくくて、きいっ!! 
| れん | 22:03 | comments(2) | - | - |

ちょいと忙しい(飼い主が)。

先日の続報。お猫様はエイズ・白血病とも陰性の模様。ぱちぱちぱち。
お犬様とあわせて里親募集中。詳細はこちらのブログ(なぎの実家)まで。

今日はれんの写真ばっかり。
昨晩、どっちかの"ひげ"を発見し、立ててみましたが、立たず。
ちょっと寝かせた状態です。
もちろん、なぎちゃんにこれをすると目立ちません……。頭白いから。

最近は腕枕大好き。
なぎと散々遊んだあとにやってきます。

眠りたい時のカメラは嫌いです。


最近。
6時起床、猫ご飯、朝風呂、人間ご飯、用意。
8時前に出発。

帰宅22時(まじごめん、れん・なぎ)
猫ご飯、猫トイレ掃除、部屋掃除、人間ご飯、れんのカプセル作成。
ちなみに人間ご飯の辺りから、れんとなぎの大暴れが開始されます。23時過ぎくらいには廊下エリアを閉めて、出来るだけ煩くないようにしております。

24時過ぎ、人間風呂。
25時、人間リビング、れんが乗っかってきたらあきらめて、リビングソファ(ベッド)で就寝。そうでなかったら寝室逃亡。

という生活です。

朝風呂は、寝ている間に、なぎにしっちゃかにされるからです。
れん一匹ならば、腕枕でおとなしいのですけど、なぎちゃん大変。夜中に2〜3度ほど「ごーごん」王子はやってきます。

23日〜24日は出張です、岡山県です。
| れん | 12:55 | comments(0) | - | - |

うるる(文章のみ)。

私はれんのことを良く「泣く」と書きますが、科学的には、感情のうんぬんで猫は「泣く」ことはないそうです。

ただ、れんの目はうるるんとなります。
特に寂しかった時や怖かった時はうるるんです。

元々、野良出身で、保護(か、遺棄か捕獲かは不明)された時点で、ちょっと猫風邪を患っておりまして、右目は問題有り。我が家に来てからお医者さんにも通っておりました。
その影響もあるのかな、よくうるるんとなります。

大体うるるんの時はぎゅっとしてやると落ち着くのですが、叱っている時のうるるんは困りもの。こっちは叱っているのでぎゅっとは出来ません。
で、結果、苦笑いにつながります。

ほんと、やらへんかったらええねん。

昨日は台所いたずらはなぎのみでした。れん姉ちゃんは寒かったのか、私の腹からどきませんでした。

未だ、夜はリビングのソファベッドで寝ているのですが、今朝方は気が付いたら腹にれん、胸になぎでした。あったかー。

そろそろインフルエンザの予防注射の季節ですね。
我が課、2年前に課の半数の患者を出してしまい(私も御多分に漏れず)、本館からバイオハザード宣言をされました。私の課は別館2Fというところにあります。本館で「別館2Fには立ち入らないでください」なんて放送流れてんの。誰も来なかったの。来たと思ったら入口で「入りたくないから出てきてくれ」なんて叫ばれるの。おかしいなと思ったらそんな放送流されていたとかね。

大体1週間くらい寝込む人が多かったインフルエンザでした。
私は金曜日に発熱し病院へ。月曜日に絶対に外せない打合せがあったので病院でひたすら「月曜日に会社行きたい!」を訴える嫌な患者となっておりました。先生が「まだインフルエンザ確定できひんのやけど、状況からはインフルエンザやし。効かへんかったら高いだけなんやけど薬試してみる?」と。
その薬のおかげで、土曜日6時には熱が下がり、そこから48時間後の月曜日6時まで一度も発熱せず。
いそいそと会社に行き、打合せにも出かけたものでした……(ま、マスク着用で相当しんどかったけど)。同時期発症の同僚は確定しなかった時点で病院で粘らずに悪化させてしまい、10日寝込みました。

インフルエンザの予防注射は受けましょうねえ。今のうちだったらまだ病院も空いているはず。2年前の悪夢があるので、私は昨年、今年はちゃんと受けております。
| れん | 08:55 | comments(2) | - | - |

れんの病院。

なぎのご実家にて。
↑多頭飼い崩壊ご相談が寄せられたそうで。
京都の北西部ってことは、京都市の北西部ではなくて京都府の北西部の可能性もあるのか。ちょっと詳細がまだわかりませんが、随時お知らせしていきます。
何とかならんかな……。子猫の状態が悪いらしいので我が家ではれんへの感染は怖く、子猫は預かれませんが、一時預かりが出来る年齢の子はいるかしら。

木曜日に「二週間効く」注射の効果が切れたれん。
日曜日に行こうと思っていた病院を、昨日の金曜日にいたしました。やはり、肺炎ぶり返し(は、あるんですって)が怖いので。

さてはて夜に行ったので、絶食状態完璧(置きご飯なし)、血液検査ばっちり。
(とはいえ、実は絶食状態じゃなくても良いらしいんですけど)

担当医の先生が緊急手術に入ってしまってはりましたが、れんは長期入院の子。
どの先生に診ていただいても、れんのことは知ってはります。

血液検査の結果。
血中尿素窒素BUNは56から30に、クレアチニン(Cre)は1.8から1.4まで下がっておりました。
油断なりませんが何とかなりそう。療養食は続けます(先生からもそういわれました)。

今回は、れんの避妊手術をしてくださった先生が見てくださいましたが、途中途中に手術中の担当医の先生に確かめに行ってくださって、かつ、最終的には先生の手術終了がれんの診療終了とかぶさったので、術衣の汗だくのまま、お話もしてくださいました。

行っている病院(京都中央動物病院)は、どの先生が見てくださっても、れんのことをわかってくださっているので安心します。
ちなみに、れん本人も、馴染みのにおいがする場所なのか、病院行きは嫌がることがなく、待合室のキャリーの中では、まったり箱座り。たまに寝てます……。
ごろごろさえ言います。
9月のほとんど、病院に住んでいたものね、お前。
注射も採血もレントゲンも色々ありますが、基本的に引きずらない性格なので、その「時」だけ「いやや」であとはケロっとしております。
| れん | 20:37 | comments(4) | - | - |

ようやく薬を飲んだー!!

本日、病院で先生にごめんなさいいたしましたよ。
実は薬を飲ませられておりません。
れんが意地でも口を開けないんです。
噛み砕くとか以前に、口に入らない。

しかし、ぶり返しが怖いんですって、今回の肺炎。

それを聞いて本日鬼になりました。無理無理に口をこじ開けたら、泣いて抗議です。
私、この子に泣かれると弱いんです。

さてはて、しかしながら、いい加減に薬を飲まさないと、今後は腎臓の治療もしなければなりません。
薬が増える可能性がある。

そこで思いついたのが、とりあえず口に入れさせれば良いのよねと。
幸いにして、れんには好物があります。
もしかしたらと思ってこれで薄くコーティングしたら、あっさり飲んだ、飲んだ瞬間に口を閉じさせたらごっくんですよ。

……今までの苦労はって、これはなぎでもやったな。
なぎは海苔コーティングで丸呑みの子。
れんはスッキリンコーティングで丸呑みの子。

よっしゃあ、これで薬を飲ませられる。しかもストレスなく。

| れん | 21:17 | comments(0) | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
八幡地域猫を考える会
なぎとはなの実家、fukikoさん宅で募集中の子たち
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM