<< 岩合さんの番組が大好き。 | main | れんの病院でした。 >>

なぜ、我が家の子は……。

JUGEMテーマ:ねこのきもち

なんか、変に育つのよね。

昨晩のれんちゃん、ご満悦。


そんなに好きか、私の足が。


誓って申し上げますが、帰宅したら、まず足を洗います。
なので、れんが一体どこに「うっとり」しているのかがわかりません、わかりませんったら。
とりあえず、足が良いみたいです。

れんですが、今のところご飯は3種類ローテーション。
スペシフィックのFKD(朝はこれが良い)と、フォルツァ10のリナール or アニモンダのニーレン(これらは夜)。
今週末にワクチンなので、ついでにちょっと早めだけど血液検査もしてきます。
ちょっと、毛艶が悪くなってきたように思えるのよね……。そろそろ本格的にステージ3に進んだかしら。

とはいえ、本猫は相変わらずのご機嫌です。とりあえず、昨晩は私の足がブームでした。
そしてなぎまでもが甘えっこキャンペーン開催だったので右横ではなぎがごろんごろんしており、ちょっと撫でるのが大変でした。
両腕で一匹ずつ猫を撫でようと思っても、なかなか脳みそがうまく働いてくれないね。

あと二匹とも、なぜか廊下の末端まで行って呼び鳴くとかしてくれるから。
れんが鳴いたのでそっちいってソファーに連れ戻してなでていたら、なぎがそこで鳴くので、またそっち行ってソファーに連れ戻したら今度はれんが……っていうのを三度くらい繰り返した後は、私はソファーから動きませんでした、きりがない。

え?のろけですよ。おほほほほ。

のろけといったら、写真には撮れませんが、「私がリビングに居ないときの」はなが可愛いです。
キャットポールのハンモックじゃない段に腹ばいになって座って、尻尾ふりふりさせてご機嫌で過ごしている姿がかわいくてかわいくて。
「私がリビングにいないときの」はななので、写真には撮れませんが……orz

本の紹介。
好きで読んでいるシリーズですが、猫に関しての話題があったので。
漫画家の山下和美さんが東京都内に「数寄屋」を建てるお話しの続刊です。
これ以前は3巻で終了しており、そこで数寄屋は建っております。これは電子書籍が出ており、こちらのほうがお安いのでこちらの紹介を。私は全巻単行本で持っておりますが。
(電子書籍もなー。これ作家さんにちゃんと利益がいくのかな。音楽はどうも配信はあかんっぽいよねと気にはなっているが友人にに聞くのもちょっとなーなデリケートな部分であって)

この1巻から3巻までの間に、山下さんが「猫と暮らしていて」色々あったことを書かれております。
それは集合住宅の私は気を付けなければならんことでした。
今までのトラブルより、今回の「続 数寄です!」の実際の猫被害が突き抜けていて面白いですが(笑
いや、笑うところじゃないんやけど。私やったら、唐長の唐紙やられたら泣くな……。
れんが来るちょっと前に実は唐長さんのものを手に入れているのですが、れんがすぐに来たので封印するはめになっております、我が家は。

設計士さんの甘々予想で、猫の行動に軍配が上がり、施主(山下さん)と工務店さんが「かかかかかか」と笑うところが大好きです。
いやあ、猫ってやってくれますよね。
決して猫が悪いわけじゃない、猫の行動を読めなかった人間が悪い。
でも何故そこなんだ?何故それなんだ?みたいなことは山ほどありますよね。
ちょっとお高めな単行本になっておりますが、ぜひにぜひに。

あ、中古書店でも出ていると思います。しかし、コメント等で「古本屋で買いましたー」は書かないでくださいね。「読みましたー」は嬉しいです。
私、周囲に漫画家さんなどクリエーター業の友人が多く、やっぱり作者さんに利益がいかないのは寂しいので、古本屋では買わないようにしております(絶版除く)。これも人それぞれですが、私のそれぞれがこんなルールです。
この「それぞれ」で困るのが本を手放す時。
基本的に、人様の書いたものの「上」に乗るな、それはたとえ新聞紙であってもという家庭に育ったので、本は粗末に出来ない。私に甘々だった祖父にこっぴどく叱られた記憶が「本の上に乗った」時だったんですよ……。うちのじいさん、書籍を非常に大切にする人でありました。よってゴミ箱はあり得ない。しかしちり紙交換もなかなか来ない。じゃあ宅配で買取受付てくれる古本屋さんの存在ってありがたいんですよね。
友人(作家ではない)は、もうその手間も惜しんでゴミ箱へ捨てて新たに本を買いのサイクルで、たまに間違えて捨てた(読んだ)本を再度買うとか作家さんにはありがたいんだかありがたくないんだかみたいなことをしておりますが。
変なところで悩みます。誰に対しても丸く収まる方法ってないんですよね。

うちの子たち、私が書籍についてはデリケートなのを理解してくれているのか、本の上で寝ることはあっても齧らないでいてくれるのはありがたいです。
| れん | 08:50 | comments(0) | - | - |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
八幡地域猫を考える会
なぎとはなの実家、fukikoさん宅で募集中の子たち
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM