<< 良いカメラで撮ってみた。 | main | なぎの母親。 >>

会社でうっかり泣きかけた。

JUGEMテーマ:ねこのきもち

ハフィントンポストの記事。
リンク
夕方休憩に読んで、うっかり泣きかけました。


この記事を読んで「高知県の意識が低い」と思っただけでは問題は解決いたしません。
当たり前ですが、高知県でも大切に飼っていらっしゃる方はいるでしょう。

一を見て十を語るのではなく、百を見て十を分類するべきです。
(これ、最近の私の仕事上の姿勢です)

ちなみに正しい言葉は「一を聞いて十を知る」です。

難しいのよ、知っている、ああ、知っている。
そも、京都だって、京都市があれこれ動いても府と連携とれていない。
新しい愛護センターが間もなく出来ますが、さてはてボランティアに半分頼る形でどこまで出来るかな。

ボランティアに頼らなければならないっておかしいと思うのよ、こういう仕事では特に。

ちなみに「現時点での京都府」の愛護センター。
リンク
設備能力には、
炭酸ガス処分器 1回 25頭 2基
これが現実。

ちなみに「市」では注射による薬物死。新センターではそのやり方を踏襲するようですが、それでも支所として残ります。
ということは↑の設備もあるっちゅうわけで。
リンク

処理能力(という言葉は使いたくないけど)を考えると、どのみち、こちらのガスは動かさざるを得ないのでは……。

じゃあ、どうしたらええねん、ですが。

やっぱり、適正飼育、避妊・去勢を訴える草の根運動かなとしか。
皆さんが皆さん、そこに賛同されるわけがない、価値観が違うのしょうがない。
私だって「G」(黒い弾丸の異名を持つアレ)の愛護活動なんてされたら無理だわ……。
しかし、同じように猫が嫌いって方もいるでしょう。

昨日紹介した本も、その辺りのご近所問題については書かれております。
それこそ、一般のご家庭だったらもっと難しかったかもしれん。
やっぱり著名人のおうちだしね……。

れんが殺処分されずに我が家に来れたのは、どんな分かれ道があったんでしょうね。
結論も出ないような記事でつらつらと。
| その他お知らせ等 | 18:27 | comments(0) | - | - |
Comment










01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
八幡地域猫を考える会
なぎとはなの実家、fukikoさん宅で募集中の子たち
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM