<< あ、あほの子? | main | やーらーれーたー! >>

怪我したはなつん。

JUGEMテーマ:ねこのきもち

写真なし。

昨晩帰宅して、まずはトイレ掃除しつつまとわりつく三匹相手にしつつ(はなはご飯場所で「ご飯にゃー」と鳴きながら待機)していたら、床に落ちた毛束(とはいえほんのちょっと)発見、根本に血。

ううーん嫌な予感と思いつつも、とりあえず四匹ともにご飯。

ご飯が終わってからコロコロで掃除にかかるがやっぱり出てきた毛束に根元に血。
この時点で毛の質から、怪我猫は、なぎかはなと判断。

まずはなぎチェック。
たまに出る”ざ瘡”かと顎チェックしたが綺麗。そもそも日曜日に顎掃除しているって。

ということで、やっぱりお前かのはなつん捕獲。
顎下、右胸の上のほうにありましたよ、5mm程度の丸い傷。
見つけた時点で「おおおおおおおお、明日朝病院じゃああああああああ、上司に今からメールせなあああああ」となりましたが、血は止まっていてたいしたことがない。
かつ、はな本猫が傷を気にしている様子はなく舐め壊すことはなさそう。

とりあえず、自然放置!といたしました(落ち着いて見てみりゃ消毒も下手にして舐められても困るしというレベルの傷)。

さて原因は何か。
まず、れん姉ちゃんの爪チェック。そして「はな苛めてへん?」と聞いてみるが、れんも「一体何のこっちゃ」という顔。
次に(本気を出したら)一番力の強いなぎの爪チェックに、彼にも聞く「はな苛めてへん?」
って、そもそもお前は、はなはスルーの子やね……。
最後、みっちゃんですが、これは全く可能性がないのでスルー。力弱いわ、基本的に「家族には親愛」の子で、はなと仲が悪くなる要素がない。
かつ、はなが猫姉兄に対しては全く怯えていないのと(ご飯が終わったら四匹できゃっきゃするんですよ)、れん・なぎ・みよも全くはなに対して邪見な態度はとらない。

ということはー?
ことはー?

はな、自爆したな?

はながよくスリスリする子なので、きっとどっか尖った部分にスリスリしていて、そこへ誰かが驚かせたか勝手に驚いたかでびっくりして、自らえぐったなという結論。
しかしどこだ?そんな尖ったものどこにあるー?!と探しているものの見つかりません。
まあ、危なくないもので怪我をするっていうのはよくあるので(私がな)、その類かなあ。
毛束が落ちていた地点で考えると、キャットポールか、カラーボックスの角か……。

目とかじゃなくて良かったです。

昨晩も今朝も「大丈夫ー?」と撫でまわしてみましたが、はなにとっては怪我よりも私に捕獲されるほうが不愉快なようで「おばちゃんさえ離ちてくれたらあたちは大丈夫でち」とばかりに前足で突っぱねてくれます(笑
そしてやっぱり黒目が出てきた(飛び出してきたというわけじゃなく)、黒目が見えてきた。
目についてはこのままよくなれえ。

家の中で猫に怪我をされたのは初めてなんで、非常に焦りました。
一瞬は「救急病院!」と用意をしかけましたが、こんなんで病院に行ったら迷惑です。

ということでびっくり週明け。
お願いやから、このひと月だけはおとなしくしていてくれ……。

って、怪我じゃないけど、手術の傷むしったバカは昨年の今の時期におったな……orz
あれはほんまに「ぎゃっ!」と叫びました。

あ、マキロンは常備していますよー。
| はな | 08:50 | comments(0) | - | - |
Comment










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
八幡地域猫を考える会
なぎとはなの実家、fukikoさん宅で募集中の子たち
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM