<< すっかり冬篭り。 | main | 美容ローラー。 >>

お姉ちゃんになってみた。

JUGEMテーマ:ねこのきもち

多分、精いっぱいの歩み寄り(笑)。

みよは何とかはなを構おうとするのですが、はなの反応が自制が出来ないのか「わーい」というどーん!なぶつかり型なので、みよがイラっとして叩いている(笑)。
それを考えると、やっぱりみよとはなでは月齢が違いますね。みよのほうがお姉さん。
これも毛繕いをしてあげようとしているのですが、この後はなが変な反応をしておじゃんになります。

はなは相変わらずのこたつ姫で、午前3時に活動開始します。
お願いやから、我が家は夜中は寝る!というルールを覚えてくれへんかなあ。
つられてみよまで午前3時に活動開始です。

なぎは、鼻水が黄色くなってきたのでもう一度病院へ。
相変わらず病院へいくと「僕、元気ですが?」みたいな芝居を打つ。
打つが、点鼻をしようとしたらいきなり鼻がぐずぐず言い出した(笑)

抗生剤で下痢をする体質(胃や腸を保護してもダメ)なので、コンベニアに切り替えました。
どうかなあ。

しかし、お医者さんも保障する毛艶の良さなので、体調自体は大丈夫そうです。
鼻のぐずぐずが癖にならんようにだけはしてやらんと。

そんななぎの毛皮。

所々に段が入ります。
もう、本当にもっふもふ。もっふもふの固まり。


お顔が撮影できなかった、全体図。
これだとまるで白猫ね(笑)。

この連休は極力家にいたので、それこそなぎも私べったり。
今朝の出勤前は大変でした。泣き叫んでいた。

話は変わり……。
私、またチョコレートを猫の手が届くところに置いていた……orz
朝に気が付いて良かったけど、本当にこの「うっかり」で猫を殺しかねんので気を付けねばなりません。

京都府下で獣医師の連携が出来れば良いのにと思う今日この頃。
府議を動かすには、とりあえず来年の春にならんとどうにもならん現状。

幼馴染に獣医師(遠くで開業しているので話題にせなんだが)が居るのですが、やっぱり色々と大変そうで。
これ、人医(にも友人がいる)にも言えることなのですが、技術を高めるための勉強や学会に所属するためのお金やそれこそ開業していたら設備費やなんやらなんやらやらやらで、決してお医者さんって人医も獣医も「ぼろもうけ」っていう職業じゃないんですよ。
そこがなかなか理解されにくい所なのですが (お医者さんたちも、これだけ投資しているんだって吹聴する人もいないし)、聞いているこっちは「うわ、大変ね……」と思うこと多々なんですね。

となると、もうちょっと自治体単位で助成等など動いてくれれば良いのですが、これもさてはて。

色々問題山積み。
環境省はイマイチどころかイマサンイマヨン頼りにならんし(個人的に恨み節)。

さて、お仕事しよ。
| みよ | 08:42 | comments(0) | - | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
八幡地域猫を考える会
なぎとはなの実家、fukikoさん宅で募集中の子たち
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM