<< 我が家へ来て1年(みよ)。 | main | ペットシッターさん登場(写真なし)。 >>

わすれがたき ふるさと。

本日、ちょっと暗めの話というか飼い主の吐き出しです。
猫の写真もございません。

昨晩、鉄腕ダッシュという番組を見ておりました。
昔から非常に大好きな番組です。

その番組でDASH村というものが作られ、そこでTOKIOのメンバーが農作業や里山での暮らし(昔ながらの日本)を再現しつつというコーナーがありました。
まあ、有名だから皆さまご存じですよね。

さて、そのDASH村は今はどうなっているか。
それも皆様ご存じかと思われます。

さて、私は今はその辺り(DASH村があるほうではないです。自治体は業務範囲内ですが海側です)を含む関係の仕事をしております。
(あ、空間線量とか放射線のことは全然大丈夫ですよ、そんなことで暗くなっておりません)

道のりが長いんです。あの日から一体何年経ったよ?

そんな中、昨晩の鉄腕ダッシュ。
浪江町の人々が歌う「ふるさと」。

号泣。

今もうっかり思い出すと泣くぞ(笑)。

昨年も聞いた浪江の方々のふるさとですが、実際に自分が関わって色々見えてきたことで、よけいに堪えた。

今年の私の忙しさはこれに関わっているからです。
世の中、こういう仕事をしている民間企業があるんですよーって公共事業って民間企業がやっているんですよ。

心の平穏がない。段取り考えれば考えるほど脳みそが迷子。
疲れ果てて寝る。とりあえず猫抱っこ。
猫が居て良かった!と本当に思います。
じゃないと、人間的にどうにかなっていた。

福島のそうした地域の猫の保護活動をなさっている方々のブログも読んでいてつらいです。
「この国はどこへ向かおうとしているのか」と書かれているのを読みました。
情報も出ていないですよね……。
わからないですよね、何がどうなっているのか。
私もさっぱりわからない。一体どこへ向かうの?

Googleのストリートビューで人がいない町が見られるようになりました。

どうしてあの方々が家を追われなくてはならなかったのか。
むやみに原発反対!とは言いません、言えません。

あー。やるせなすー(という単語のみいきなりツイッターでつぶやいている始末)。

あー、ほんま猫が居て良かった!
現地がニュース等でテレビに映るたび、我が家の子たちには「おかーちゃんはここの回復の一部を手伝っています」と話しかけております。
だからお願い理解して。
「いかにゃいで!!」をやめないかな、なぎよ(笑)
無理かな、無理だろうなあ(笑)

こうして鬱々とため込む辺り、私はこの仕事には向いていない(笑)

明日くらいからまた通常運営に戻ります。
今日はここに置いていこ。じゃないと、うっかり「ふるさと」思い出してまた泣く(笑)
| 飼い主 | 08:55 | comments(0) | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
八幡地域猫を考える会
なぎとはなの実家、fukikoさん宅で募集中の子たち
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM