<< 正式に家族です。 | main | 会議、だとぅ。 >>

隔離。

 本日は当然ながら仕事なので、れんとなぎについてやることが出来ません。
私がいる間は、極力なぎとれんを離していたのですが(容赦なくジャレるなぎ)、さてはて仕事中はどうしたものか。

1.れんをケージ
2.なぎをケージ

この選択肢だったのですが、うちのれん、ケージにいれると大暴れをします。お前が育ってきた保健所はケージがお部屋だったろう?と思うものの、我が家に来た初日からアウトでした……。
手術後だからおとなしくしてくれるかと思ったら、天井部分によじ登って背中からどーん!と落ちたので、断念。

では、なぎ。
夜中は申し訳ないけど入ってもらいましたが、元気が有り余っている男の子に日中もケージなんてむごいことは出来ません。

3.居住空間の隔離

この戦法に出ました。

れん、手術がよほど怖かったのか、寝ていても突然起きて暴れます。
れんが我が家に来て初めて、私の手に穴が開きました(ほんのちょびっとだけ)。
よって、れんの環境を変えるのはケージに入れるのと大差ない。

元気ななぎ君、あなたの出番です。
本日から暫くは、廊下と玄関、全てあなたのものです!!
廊下の直線が結構あるので、れんもなぎもここを走り抜けるのは大好き。
玄関にトイレ、廊下の中間にごはんたっぷりにお水、ポータブルケージをリビングのドアぎりぎりに設置し、玄関扉にはダンボールのバリケードを設置。

これで様子を見ます。

お互い嫌がっていないで、かつ、れんと遮断された途端、ふみふみにゃーにゃーが始まったなぎ。
昨日今日と大分なぎには我慢してもらっておりますが、それでもまだふみふみにゃーにゃーしてくれるかと、ちょっとほっといたしました。
れんはれんで、廊下近くにいつも設置しているお気に入りの椅子で箱座りをしておりました。それだったらなぎが見えるので(見えないと、心配する)。

さて、それで出かけてきたわけですが、れん姉ちゃんはやはりしんどいようで、出かけに見たら涙をためてぷるぷるしておりました。
食欲もあり、排泄もきっちりしているので体調自体は悪くないんですが、心細いのでしょうね。

大丈夫!おかーちゃんも腹も足も切ったことはあるが、痛み止めなしで乗り切った、大丈夫!!
抜糸まで2週間が長いなあ。私なんて自分のことだから、早め早めで5日で抜糸してもらったんだけど。

ちなみに隔離は私が居ない間だけで、帰ったらちゃんとなぎもれんも一緒にさせますよ。飛びついた時は、なぎをひっぺがし、就寝時だけはなぎにケージに入ってもらいます。ケージに、キャットタワーのハンモックを設置したら、なぎもご機嫌でそこでごろごろしております。

| 猫二匹 | 08:53 | comments(0) | - | - |
Comment










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
八幡地域猫を考える会
なぎとはなの実家、fukikoさん宅で募集中の子たち
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM